■このサイトは、野外体験学習事務所 パワーズ・アウトドアエデュケーションが運営しています。
  
 | HOME | 通年コースこれからのプログラムプログラム活動報告 | アドベンチャーキッズスクール
主  催:「アドベンチャーキッズスクール」実行委員会  後  援:大  阪  府、枚方市教育委員会  主  管:パワーズ・アウトドアエデュケーション
  協  力:財団法人青少年野外教育振興財団、やんばるエコツーリズム研究所、どんころ野外学校



お問合せ  TEL 072-854-2681
info-powers@office.nifty.jp
Copyright (C) 2016 POWERs OutdoorEducation. All right reserved.


"あそびながら、チャレンジし、気づいていく"
「アドベンチャーキッズスクール」では、"あそびながら、チャレンジし、気づいていく"という指導理念のもと、お子様を責任を持ってお預かりしております。

また、教育効果とお子様の安全を確保するため、
@ 1班5名〜9名の少人数制
A 教育目標を明確に設定したプログラム
B 野外教育専門のスタッフと指導法の精選
を採用し、より充実した自然体験活動を可能にしています。

各班は5〜9名で構成され、各班にカウンセラーと呼ばれる指導者がつきます。カウンセラーは、随時子ども達と行動をともにしていきます。
全体を統括するディレクター、各班を担当するカウンセラーは、『アドベンチャーキッズスクール』スタッフで構成され、いずれも、野外教育の指導者養成トレーニングを修了した専門スタッフで、お子様の生活面から、活動面、精神的な成長まで、責任を持って見守ります。また、その他にお子様のサポートや急な病気等に対し看護を行う本部スタッフが必ず同行し活動を行っていきます。

短い期間とはいえ、お子様を手離すご両親にとって、お子様の安全上の問題は、特に重要な事だと思います。当「アドベンチャーキッズスクール」では、事前に全スタッフでの現地調査を十分に行い、安全上の問題について、綿密な打ち合わせを実施しております。
また、プログラム参加の事前に提出していただく健康調査カードに基づいて準備し、各指導者が常にお子様一人一人の健康状態を把握した上で指導にあたります。
また、最寄の医療機関とは常に連絡をとれる体制をしき、夜間や緊急の場合も、すぐ対応できるように万全を期しております。しかし、全ての危険を回避することは難しく、不慮の事故や病気に備えて、全ての活動に対して傷害保険に加入しております。


事業実施団体紹介へ